So-net無料ブログ作成

古生代の大戦士 ディノバトロン ティラノサウルス [その他トイ]

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」観て来ました♪
お馴染み「MIB」ながらJとKがいないことに初めは違和感ありましたが、
今作のH(クリス・ヘムズワース)とM(テッサ・トンプソン)との
軽妙なやり取りも面白く、すんなり楽しめましたね。
二人の息の合い方、さすがアスガルド人(笑)

組織の中に裏切り者が?と言う展開で、
一番怪しいのは主人公Hなのですが(個人的意見)、
はたして…と言うのは皆さんご自身で劇場にて(笑)

演技派筋肉にしてコメディOKなクリヘムですが、
さすがに「ゴーストバスターズ」のとき程には
ハジけていなかったかなあ…って、
比べるのも問題ですね?(笑)

さて、でもってそろそろ今回の記事へ、

古生代の大戦士 ディノバトロン ティラノサウルス ですよっと。

190617q.jpg

ザ・アクセスのチープトイ「〇〇バトロン」シリーズ(?)に新作登場。
他メーカーのOEMとして発売されていた物をリカラー、
パッケージ変更にて発売され、春くらいから店頭に並んでいた様子。
ラインナップは全3種。そんな中からまず一体、みんな大好きティラノサウルス。

190617a.jpg

恐竜モード。この界隈では有名な恐竜変形アイテムなので、
「このティラノ見覚えがある」と言う方も多いかと。
幾度か名を代え発売されている名品(?)だけあって、
チープトイながら造形は結構しっかりしているんですよねー。

190617b.jpg

後ろ。体表のモールドや凝った塗装など、
なかなかのクオリティ。

190617c.jpg

頭部に可動箇所はないものの、口内の造形や塗装など見どころ多し。
まあ、塗料の跳ねや、細かいキズなど粗も散見しますが、
この手の商品ではかなりマシな方です(笑)

前脚は付け根で回転。

190617d.jpg

後ろ脚はヒザ部分で前後に可動。ココは回転もするので、
接地時の調整などに役になってくれます。

190617e.jpg

リカラー元と言うか、他社から出ていた物と並べて。
「ダイナソーエイジ」か「チェンジディノロボ竜神」だと思われますが、
リサイクルショップで裸の状態で入手したので判別付かず(笑)

190617f.jpg

で、今回せっかくなので一緒に…と思って置き場所を漁ったら、
ティラノだけでも4匹おりました(笑)

リサイクルショップで見かけるたびに買っていたら、こんな有様に。
確かひとつ100~500円くらいで売られていたハズで、
総額でも今回のディノバトロンひとつ分くらい。

よくよく見ると茶色の成型色が違っていたりするので、
どちらかは「ダイナソーエイジ」、一方は「竜神」なのかも。

190617g.jpg

そして変形、ロボットモード♪
…この何とも言えない独特過ぎるデザイン、
これぞチープトイ(ホメ言葉、笑)

190617h.jpg

ティラノのシッポが左右へ割れるのでかなりボリューミィ。
個体差か、そのシッポの付け根は少々緩めな感触。

190617i.jpg

頭部。これまたお馴染みのニセガンダム顔。
可動? もちろん動きませんよー。

190617j.jpg

腕周りだけは意外なほど良く動き、まず付け根で前後に回転。
左右へも動かせ、ヒジも可動。前腕はロール可で、
棒立ちスタイルが大半のチープトイ界では
優秀と言える可動範囲です。

190617k.jpg

付属の銃を持たせて。

うんまあ、腕がいかに良く動こうが、武器を持たせることが出来ようが、
腹部から延びるティラノ頭が全て持って行ってしまうのですけどね(笑)

190617l.jpg

武器は(一応)恐竜モードでも取り付け可。

190617m.jpg

ロボットモードでも前のヒトと一緒に。

細かい変更箇所としましては、
前腕にあった刻印が今回はなくなっていますね。

190617n.jpg

最後にパッケージ。インパクトは大、です(笑)

190617o.jpg

と言うわけで 古生代の大戦士 ディノバトロン ティラノサウルス でした。

バトロンにとうとうあの恐竜たちが加わりました!
と思うと、結構なスペシャル感があります…が、
そう思えるのはこの界隈の住人だけでしょうかね?(笑)
とは言いつつ、何度も名を変えて発売されている品なだけあって、
中でも恐竜モードのクオリティはかなりの物。恐竜好きな方にも
おススメ出来るアイテムかと、はい。

190617p.jpg

メガ「なんだ?! なんだ、なんだー!?」



以下、おまけー

190617r1.jpg

バンダイの「ガシャポン タマゴラス」の第4弾を見かけたので、
さっそく回してみました♪ ちなみに一回300円。

190617r2.jpg

タマゴをぱかっと割りつつ変形、カルノタサウルスとカンガルーに。
タマゴの殻部分など一部共通パーツながら、全く違うモチーフへ。

カンガルーは袋の中のお子さんまで造形、
腕部は可動とかなりの内容で、今弾1番のおススメ。

190617r3.jpg

こちらのふたつは、

190617r4.jpg

カブトムシとニワトリに。変形などはカブトムシが圧倒的に凝っていますが、
ニワトリはニワトリでヒヨコ付属と良い味を出しています(笑)

190617r5.jpg

並べて。ワタシ的にはカンガルーとカブトムシがおススメ♪

190617r6.jpg

共通パーツを使用したいわゆるパーシャルなアイテムでありながら、
バラエティに富んだギミックを有していて、
構造的にも見どころのあるアイテムです。

190617r7.jpg

メガ「以上おまけでしたーって、なんだ?! なんだ、なんだー!?」

nice!(52)  コメント(2) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 52

コメント 2

ばん


NTさん、おはようございます。

恐竜モードに比べてロボットモードの投げ遣り具合がいっそ清々しいですね。
とりあえず変形すりゃいいんだろ、変形すりゃ、みたいな(笑)
まぁ、ここまで徹底してれば版権問題で訴えられることもないでしょうから、もしかしたら確信犯かも知れませんね。
(´д`|||)
by ばん (2019-06-18 06:50) 

NT

■ばんさん■
両モードの格差もこの手のトイの特徴と言うか、魅力ですね(末期)(*'ω'*)
でも、このドコかで見たような頭のデザインだけは、
なんでいつもコレなんでしょうねえw
by NT (2019-06-19 21:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。