So-net無料ブログ作成
検索選択

トランスフォーマー Bitfig PART2 その他おまけとか [TF関係]

先週末くらいからセミが鳴き始めています@関東。
はじめは「え、はやくない?」なんて思いましたけど、
気が付いたらすでに7月。おまけにここ最近は気温も高くて、
そうかそりゃセミも鳴くよねーと。梅雨っぽくない梅雨なので、
どうも季節の感覚がちょっと違う感じがします(笑)

さて、でもって今回の記事へ。

トランスフォーマー Bitfig PART2 ですよっと。
あと、おまけ的に最近回したガチャ系も少しー。

170703za.jpg

まずはタカラトミーアーツのカプセルトイ「Bitfig」第2弾です。
先週くらいに近所で見かけて回してみた次第。

170703a.jpg

まずはアイアンハイド。全高約4センチと小サイズながら、
今回も細かい造形、塗装が施されていますね♪

170703b.jpg

ちなみに今弾では唯一のサイバトロンとなっております。

170703c.jpg

ふたつめはサウンドウェーブ。腰とかヒザあたりの塗装が細かくて、
写真で見るとサイズ感が少々狂います(笑)

170703d.jpg

小サイズのコンドルとかジャガーとかも一緒に並べたい欲求に駆られます(笑)

170703g.jpg

みっつめ、スカイワープ。PART1にはスタースクリームが
ラインナップされていたので妥当なセレクトですね(笑)

170703h.jpg

翼などがカプセル内でクセが付いていたりもしましたが、
モノが小さいので直すのも楽でした、はい。

170703i.jpg

PART1のスタスクと。リカラーだけかと思いきや、
頭部(フェイス)の造形が違っていました。素晴らしい♪

170703e.jpg

そして最後にブラックコンボイ。ここまでの流れからすると
ちょっと異色なキャラセレクトにも感じますけど、
PART1のコンボイのリカラーと言うことで
入れやすかったのかなと(笑)

170703f.jpg

定番かつ人気のカラバリでもあるので、
どんなケースでもいたら欲しくなるのがブラックコンボイ系(笑)

170703j.jpg

可動はPART1同様に頭部と腕が付け根で回せるくらいですね。
最近の熱さの影響もあったのか、少し癒着気味でしたので、
動かす際は注意した方がよろしいかとー。

170703k.jpg

PART1の司令官と副官も一緒に。次弾は…ラチェットとバンブルあたり?

170703l.jpg

PART1とPART2をずらりと。まだまだキャラクターは足りませんが、
それでもなかなかに壮観な雰囲気ではあります。今後に期待♪

以上、トランスフォーマー Bitfig PART2 でした。

170703m.jpg

メガ「大きさはこんなー」

以下、最近同様に回してみたカプセルトイな品を少々。

170703n.jpg

タカラトミーアーツ パンダの穴から「カイカブリ」。

貝(貝殻にあらず)を頭からすっぽりと被った女の子…と言う、
何ともナゾがミステリーなコンセプトが妙にツボにハマりました(笑)

ラインナップは全5種。
手前左からマサメダマかぶる、バイガイかぶる、オウムガイかぶる。
奥側が左からミルガイかぶる、キリガイダマシかぶる。

170703o.jpg

セミリアルな見た目ではあるのですが、
貝殻からはみ出ている「身」のインパクトが…

中でもミルガイかぶるは強烈です。
はじめ2回まわしてコレがダブって出たときには
「ここで止めておけと言う神の思し召しなのか!?」と(何)
まあ懲りずに続けたら、それ以降はダブらずに揃いましたけど(笑)

170703p.jpg

貝殻と身、そして女の子の質感の差もリアル感を演出してるかと。
ちなみに一回200円。リーズナブルな価格帯も嬉しいですね♪

170703q.jpg

同じ水物(?)繋がりでお次はこれ、
いきもんの「NATURE TECHNI COLOR」から
「深海生物 ボールチェイン&マグネット」…のうち、
リュウグウノツカイ、ウロコフネタマガイ(黒スケ)、
ウロコフネタマガイ(汚スケ)、オオタルマワシ。

これ以外にもメンダコ、ギガントキプリス、
シーラカンス、ラブカがラインナップされていますが未所持。
いま手元にウロコフネタマガイ(黒)が4つくらいありまして…
ちょっと連続して回す勇気が足りていないであります(笑)

170703r.jpg

オオタルマワシ。サルパの中身を食べて、その樽状の皮を住処にするという、
生態も見た目もインパクト大な深海生物。

キーチェーン付きですが中の本人は固定されてはいないので、
鞄に付けておいたりしたらドコかに旅に出てしまうので
注意しましょうね(笑)

170703s.jpg

2001年インド洋の深海の熱水噴出域で発見された「鉄の鱗」を持つ巻貝。
当時、「鉄の足を持つ貝発見」みたいなニュースを見て
わくわくしたのを覚えています(笑)

下の黒スケのほうはマグネットになっていますね。

170703t.jpg

でもって今回最大の目玉アイテム、リュウグウノツカイ。何と全長約23センチ!
カプセルにはとぐろを巻くように封入されています(笑)

全体的に軟質素材なのでクセを治すのもやりやすかった…ですけど、
さすがにコレを鞄とかにぶら下げる勇気はないかも(笑)

170703u.jpg

もうしばらくお付き合いください(笑)
こちらは同じ「NATURE TECHNI COLOR」の
「ヒキガエルとアマガエル ボールチェーン&マグネット」。

アズマヒキガエル、卵塊、幼生、幼体。
下のちっこい組はセット品♪

ヒキガエルはあと幼生がふたつ、いわゆるオタマジャクシと、
後脚だけ出たバージョンの幼生があればコンプ。

他にも商品名にあるとおり、
アマガエルが(なぜか、笑)一種だけラインナップされています。

170703v.jpg

オタマはともかく、カエルの卵が商品化されるなんてあたり、
このシリーズらしくてステキですよね(笑)

オタマたちはマグネットなので、
あちこちにくっ付けておくと楽しげ♪

170703w.jpg

最後に食玩も。「スプラトゥーン ブキコレクション2」を
売り場に残っていた4箱だけ摘まんで参りました。

バケットスロッシャーとスプラスピナー。
ゲーム中、はじめて見たとき(やられたとき、笑)には
その威力の高さに度肝を抜かされたブキたちであります(笑)

「World of Nintendo」のアクションフィギュアにも
持たせることが出来るのが嬉しい。

170703x.jpg

もみじシューター。こっちはグリップが大きめでちょっと持たせにくいかな。
写真だと見づらいですが、ちゃんと水鉄砲っぽい内部構造になっていて、
造りの細かさに感服。確か開発者ブログでも言及されていました。

170703y.jpg

パブロ・ビュー。ああ、このブキにも痛い目みたなー(笑)
さすがにブラシ部分がぷるぷるしたりはしませんが、
質感がしっかりしていて、今にも塗れそうです。

これは意外としっかりとグリップしてくれましたよ。

170703zb.jpg

手持ちの4種。あーこう見ると「型」としては全部揃ってくれていますね。
スプラシューターコラボは前弾のスプラシューターがあるので、
「型」的には問題なし(笑)

と言うわけで…結局また長くなってしまいましたが、
その他おまけ、でしたー(笑)

170703z.jpg

メガ「ひいっ?!」

nice!(38)  コメント(3) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 38

コメント 3

けいた

・・・(´゚ω゚`)

貝(´゚ω゚`)?


ヽ(;゚;Д;゚;; )ウンギャァァァ
by けいた (2017-07-04 12:13) 

ぴーすけ君

ガチャ、大好きです(笑)
私が良く通る駅には、多くのガチャが1箇所にいっぱい集まっていて 大人ばかりがガチャガチャやってます
大人が欲しそうなの よく作りますね~。
by ぴーすけ君 (2017-07-10 12:58) 

NT

■けいたさん■
けいたさんもパクッと被られてみませんか?w

■ぴーすけ君さん■
ホントつい回してしまうんですよねw
by NT (2017-07-10 21:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。