So-net無料ブログ作成

TF最後の騎士王 ハウンド [TF劇場映画版関係]

昼間は梅雨時期らしからぬお天気でも、
夜中には意外と雨が降っていたり。
先日ふと雨音に気が付いてカーテンを開けると、
窓に付いた雨水を舐めているヤモリと目が合いました。
驚かせて階下にダイブさせちゃってもアレなので(ここ二階)
そーっとカーテン締めました(笑)

そんな時事ネタ(?)はともかく、
今回の記事へ、

TF最後の騎士王 ハウンド ですよ。

170619s.jpg

公開が近づいて関連商品も店頭に並び始めた
劇場版トランスフォーマー第5作「最後の騎士王」。
そう言えば今年の映画って「最後の〇〇」が多くないですか?
他にも海賊だったりジェダイだったりが最後ですし(笑)

170619a.jpg

ロボットモードから。ボイジャークラスと言うことで、
そこそこのサイズがあります。ついでにこの体型なので(笑)、
なかなかにボリューミィな一体となっております。

あ、ちなみにこのハウンドは海外版となります(国内版は7月発売)。
TFって国内版と海外版とで仕様に違いがあることが大半なのですが、
今回の「最後の騎士王」シリーズでは同じ内容となっている様子。

170619b.jpg

背中に多くのジョイントが見受けらる背面。
斜めに配置されたビークル後輪付近や
脹脛のビークルフロント部分が
一見ふにゃっとしそうな雰囲気ですが、
各部ロックされていて、かっちりとした感触。
海外版ではありがちな関節の保持力の弱さもなく、
安定感のある造りになっていますね。

170619c.jpg

特徴である厳めしいヒゲ面の再現度も高し。
せっかくなら口元に葉巻ならぬ弾丸を咥えていて欲しかったですが、
まあ贅沢な注文でありましょう(笑)

取り付けはボールジョイント。戦後左右に可動しますが、
ヒゲや襟が干渉して可動幅は広くはないですね。

170619d.jpg

何とヘルメット(?)が着脱可能。

腕部の可動は良好で、
肩は前後左右へストレスなく可動。

上腕と手首にはロールあり。

ヒジは二重関節で180度ぐっと曲げられるなど、
TFとしては結構な可動範囲かと♪

170619e.jpg

この体型にして腰にはロールがあります。
変形機構を使って腰を少し引き出しつつではありますが、
これは嬉しいポイントですね。

170619f.jpg

ごちゃっとした腰回りですが、ここも結構な可動範囲でして、
股関節は前後左右へ可動。
開脚に関しては腿上部のロールも合わせてほぼ水平まで開きます。

ヒザも90度弱曲がります。

足首は特殊な構造で、左右へは深く曲がりますが、前後へは無可動。
さらにココはビークルモードのタイヤなので、
付け根部分でロールしたりも。

170619g.jpg

また、腰のアーマー部分は前方に跳ね上がるので、
股関節周りはホント見ためより柔軟に動かせますよ。
むっちりしているので各部干渉はしますけど(笑)

腰裏にはスタンドなどに使用できるジョイントあり。

170619h.jpg

ガトリングガンっぽい雰囲気の小型ランチャー二丁が付属。
こちらは程よく小さいので取り回しやすい感じ。

170619i.jpg

その小型ランチャーは背中に取り付けることも。
説明書だとここに付けておくべし的な記載に。

ふたつめの武器として大型ランチャーも付属。
これも二丁付いてきますよ。

170619j.jpg

これらの武器類はアタッチメントを介することで
まとめておくことが出来て、

170619k.jpg

こんな感じに背中に装備させることも。
さらにこの状態なら取り外すことなく変形も可能です。

170619l.jpg

武器類にはジョイントが複数用意されているので、
あれこれ組み合わせても楽しいですね♪

170619m.jpg

ビークルモードはメルセデス・ベンツのウニモグをベースにした車両とのこと。
実車と比べるとタイヤが小さく車高も低いのですが、
トイとしてのまとまり具合は上々で、
この辺りのさじ加減はさすがTFブランドですねー。

170619n.jpg

こちらのモードでもかっちりとした印象。

変形は難度はあまり高くはないのですが、
ロボ手足から成るフロント部分の構成など見どころの多い造り。
「え、コレ、そこに行くんだ?!」みたいな(笑)

170619o.jpg

フロント周り。太めのロールバーや6連のライト、
厳ついバンパーなど印象深いパーツでデザインされていますね。

劇中の車両には赤十字のマークが各部に入っている様子ですが、
その辺りは再現されてはいませんね。

170619p.jpg

武器類は荷台部分に取り付け可能。
前述どおり、この状態のままで変形出来るのが素晴らしい。

170619q.jpg

と言うわけで TF最後の騎士王 ハウンド でした。

むっちり太めの体躯の上に、どっさり盛られた装備と言う
ボリューム感あるボディながら各部が良く動くことに驚きました。
可動部自体は「ムチャクチャ動くゾ」みたいな造りではなくて、
むしろ標準的な物で、可動域の広さは各部のクリアランスの
取り方などで調整してある感じ。見どころ満載、
弄りがい充分な良品となっているかと。
これまたお気に入りの一体です♪

170619r.jpg

メガ「荷台ってつい寝転がりたくなりません?」

nice!(41)  コメント(4) 

nice! 41

コメント 4

けいた

NT3お疲れ様です("`д´)ゞ

もう最後の騎士王始まってますか
(゚Д゚;)

前作より武器減ってますねぇ(´・ω・`; )

う~ん、前作のアーミーカモが欲しいですッ(*`Д´)ノ!!!
by けいた (2017-06-21 01:03) 

NT

■けいたさん■
前作の武器も持てるし、
取り付けられるので意外と気になりませんよー。
ノーマル版とアーミーカモ双方揃えて武器テンコ盛り、
なんてのはけいたさんにお任せしましょうw
by NT (2017-06-23 00:25) 

けいた

やめなさい(´゚ω゚`)
by けいた (2017-06-23 00:43) 

NT

■けいたさん■
ふふふ(*‘ω‘ *)
by NT (2017-06-26 23:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。